読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • - Facebook Page

  • - GOLE1

  • - Google+

  • - My Room

  • - 周辺風景1

  • - 周辺風景2

  • - Highway1

  • - Highway2

  • - Steam

  • - My site

  • - Profile

  • - 周辺風景3

絶妙バーガー

絶妙バーガーを食べてみた。そう、ロッテリアが「おいしくなければ返金します」と宣伝しているあれだ。
そこまでやるんだから本当に美味しいのだろうとそれはそれは期待していたのですよ。
まあまあ「これは絶妙のハーモニー!!」と叫んでしまうほどではないにしろ、それなりには美味しいのだろうと。だって悪い評判も聞かないしね。

で、食べてみた。

感想は……


コショウが濃すぎる。鼻が痛い。くしゃみが出そう。他の味が分からない。
カラシの量が多すぎる。辛いばかりで他の味が消されている。調味料食ってるみたい。

肉の部分だけ食べてみる。…微妙。柔らかさを出そうとしているのは分かるけど、その粗引きの肉同士の結合が硬くてクッションというか体育用マットを食べているみたい。
味も、なんだろう…色々混ぜてあるからかな。肉!という味ではない。微妙。


とてもじゃないけど、お世辞にも美味しいとは言えないものだった。
だいたい全ての調味料が濃すぎないか?品質が悪いのをキツイ調味料で隠そうとするあまり、それぞれの主張が強くなりすぎて意味が分からない味になっている。
これの何が美味しいんだ?どこに美味しいと言える要素があるんだ?どの辺りが絶妙なんだ?

肉も粗引きって言ったって、肉自体が固いんだからどうしようもないよ(´Д`;
空気入れて柔らかさを出そうとしているっぽいけど……一体何を目指しているのかサッパリ分からない。高級肉の味を再現しようとしているのだろうか。390円で?やっても良いけど現状では何一つ真似ができておらず、逆に安っぽさばかりが目立つというか不味い点ばかりが強調されているように思う。

もっとこう……安いなら安いなりの美味しさとか、「ファーストフードのハンバーガー!」というジャンルの中で美味しい物を作ってくれたほうがいいんじゃないかな。
他のハンバーガーより微妙に高い値段でコショウとカラシの味しかしないような物体を食わされるよりずっとましだと思う。


とここまで文句を言っておきながら返品はしなかったんだけどね。
だって厨房の奥から恐いお兄さんが出てきそうだったから(ノД`、)