読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • - Facebook Page

  • - GOLE1

  • - Google+

  • - My Room

  • - 周辺風景1

  • - 周辺風景2

  • - Highway1

  • - Highway2

  • - Steam

  • - My site

  • - Profile

  • - 周辺風景3

伊吹山ドライブウェイ

最近引きこもってばかりいるので久々に出かけてみた。
とりあえず近場で景色の良い所という条件で探してみたところいくつかのドライブウェイがあったのだが、その中でもひときわ値段が高い伊吹山ドライブウェイに行ってみることにした。

このドライブウェイ、なんと入場に三千円もかかるのだ!!!

いやあこれはもうドライブウェイの道全域にレッドカーペットを敷き詰められていたり、途中途中の休憩所には美しいお姉さん方が無料ドリンクを振る舞い、そして優しく汗を拭いてくれるに違いない……なんせ入場料が三千円もするんだからな!!!
そう考えるとこれはもうどうやってでも行かなければならないという使命感に襲われ、日曜の昼から向かってみた。

ちなみに日曜ということもあり、目的地は奈良・兵庫・滋賀辺りで抑えておきたかったのだが、伊吹山ドライブウェイ自体は滋賀にあるものの、一旦岐阜の関ヶ原ICまで行ってから戻るのが最短ルートという、なんともな感じになってしまった(´Д`;


とはいえ気を取り直して伊吹山ドライブウェイへ。
Webで色々調べた感じではあまり人気が無いと書いてあったのだが、結構車が走っている。入場料三千円だというのに!景気が回復してきたとはいえ、まだ一般家庭の給与には景気回復が反映されていないはずでは!?これは一体……

もしかして超美しい女性が手取り足取り食事の世話をしてくれるくらい過激なサービスでもあるのかと思いつつ三千円を支払い、いざドライブウェイへ。
ちなみに料金所のおばちゃんは、いわゆる田舎のおばちゃんだった。もちろんETCカードなど使えるはずもない。人と人とのふれあいが素晴らしい料金所だ。


いざ、山頂を目指して運転する。
道は綺麗なほう……かな?ドライブウェイ自体あまり走ったことがないためわからないが。
しかし思ったよりも坂がきつい。カーブも結構きつい。あと、あまり景色がよくない……?(´Д`;

オイオイ三千円払わせてこれかよと思いながらもとりあえず山頂を目指す。
時間が中途半端だったこともあり、上りは遅い車に遮られる事もなく順調に進む。

そして山頂の駐車場へ。

フォト
ドライブウェイのゴール地点はこんな感じ。この写真の右手に売店がある。全体的にかなり整備されていて綺麗な感じ。
というかどうやらここはドライブウェイというより高山植物が見られる花畑がメインらしい。そしてその花畑は

フォト
駐車場から延びるこの道を上がって行った先にあるらしいが……(´Д`l|l
今日、自分はあまり運動することは想定しておらず、できれば車の運転だけして少し休憩してから帰ろうと思っていたというのにこの仕打ち。いくら整備されているとはいえ、運転のために靴底の薄い靴をあえて選んで履いているこの状態で山登りとは……とは思ったものの、せっかく三千円支払ったんだしとりあえず登ってみることに。

その前に駐車場にある展望台からの風景を。
http://photosynth.net/view.aspx?cid=696ac1a0-3d32-4546-9720-eea61ae34c14&m=false&i=0:0:0&c=0:0:0&z=389.422756568403&d=-1.20919957615615:-1.20919957615615:-1.20919957615615&p=0:0&t=False
まあここでも眺めは結構いいんだけれども。

気合を入れなおして頂上を目指してみる。山頂へ続く道はこんな感じ。
フォト
元々ある岩と砂利を敷き詰めた道になっており、景観を崩さず、かつ整備された道になっていていい感じなのだが、靴底が薄い靴には結構厳しい(´Д`;
ちなみに上の写真で山頂に向かって道が延びているが、あと二回ほど折り返しがあるので歩く距離はこんなものではないのだ。

フォト
遊歩道途中にあった看板。なにやら色々書かれているが、その中にここで見られる高山植物の名前が。どうやら結構色々な花が植えられているらしい。
これは山頂にはさぞかし綺麗な花畑が広がっているんだろうな……と思って進んでいったところ、

フォト
これが今回みることができた唯一の花だ!!!(゚Д゚l|l
時期が悪かったのかは分からないが、確実にいえることは今咲いている花はこの紫の1種類だけしかなく、しかもそれは本当にぽつぽつと、注意深く観察しないと見逃してしまう程度にしか咲いていないということだ!!!(゚Д゚l|l
これが、この花が今回三千円の価値だということでもあるのだ!!!

――……
――――……
いや、ここは無心になって山頂を目指そう。きっと良いこともあるさ。そう自分に言い聞かせて歩みを進める。

そしてやってきた山頂。
フォト
そこには結構立派な売店があり、思ったよりも良い感じだった。

山頂では記念バッヂ(\400)を購入。そこには「1377M 日本百名山」と書かれていた。
そして山頂での風景はこんな感じ。
http://photosynth.net/view.aspx?cid=b79f8209-8830-48cb-97fd-39ff2e090265&m=false&i=0:0:0&c=0:0:0&z=389.422756568403&d=-1.20919957615615:-1.20919957615615:-1.20919957615615&p=0:0&t=False

フォト
これは山頂にあったお地蔵さん?


といった感じで本日は帰宅することに。
しかし標高1377mでもまだ風が生ぬるかったりして、今日の暑さは並みではないと感じることができた。一体どこまで登れば涼しくなるのか(´Д`;さすがに夕方頃には涼しくなってきてはいたけど。

まあ次にくるならもう少し高山植物が見頃な時期を選ぶ必要があるな。春か秋か、その早朝を狙うくらいにしないとあまり楽しめないかも。

そういえばドライブウェイにはバスも結構走っていて、度々交通渋滞を引き起こしていたのでこのバスも避ける必要がある。
快適なドライブのためには障害が多いところだな……。