読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • - Facebook Page

  • - GOLE1

  • - Google+

  • - My Room

  • - 周辺風景1

  • - 周辺風景2

  • - Highway1

  • - Highway2

  • - Steam

  • - My site

  • - Profile

  • - 周辺風景3

肩こりが酷すぎる

最近、あまりにも肩こりが酷すぎる。
違和感を通り越して慢性的な痛みになりつつある。

肩が痛い!肩がこった!辛い!辛いんです!


というわけで仕方なく、本当に仕方なくマッサージ店に行くことにした。
本日行ったのは最近その存在を知った店。

「萌えエステ メイドの手」
http://meidonote.com/


サイトには非常に可愛いメイドさん達の写真が…。
ああここに行けば肩こりなんて一瞬で吹き飛ぶくらい心も体も健康になれることでしょう。

期待に胸を躍らせつつ行ってみた。

メインの通り(新御堂筋)を少し入ってすぐにある、少し怪しげなビルの二階にその店はある。
いかにも普通っぽい扉を開くと、壁に少し広めの穴が。どうやらここが受付らしい。
店員と客がお互い手元しか見えないようになっている。まるでエロDVDショップのカウンターのようだ。

店の説明とコース説明を受ける。そして指名の場合はパネルを確認できる。
まるで夜の店のようだが、ここは健全な店なのだ。

それにしても出てくるパネル全てが非常に可愛い写真ばかりになっている。怪しい。
しかし自分にはフォトショップ修正を見抜くだけの力はまだないので直感に頼るしかない。
疑えば疑うほど、どのパネルもパネル詐欺に見えてしまう。いや、だが疑っていても仕方が無い。
幸いこの店ではパネル写真の面影すらない人物が登場したとしても、相手と密着するわけではないので適当に選んでも大丈夫か…。

そう考えて、とりあえず出ているパネルの中で一番可愛い写真を選ぶ。

「待合室でしばらくお待ちください」

そういわれて待合室へ。ううむやはりどこからどう見ても夜の店と同じ構成ではないか…。
しかし待合室には満田金次郎の漫画は置いていなかった。待合室にある定番漫画だと思うのだが。

待つこと数分。シャッという音と共に待合室のカーテンがめくられる。

「こんばんわ。こちらに案内します。」

出てきた女の子は……非常に、非常に、非常に美少女だった(´Д`*

「マッサージ器コースって頼まれる方がいなくて初めてなんですけど、頑張りますね('-'*」

可愛い。非常に可愛い。
ああもうここがいかがわしい店だったら毎日通いますよ!健全な店なおかげで破産せずにすみそうですよ!という感じ。
30分間大変癒してもらいました。

しかし話を聞くと、今週末でようやく16歳になるんだとか。若い、若すぎる。
なんというか若さと元気を貰いに行った感じだろうか。相手は若いんだから、多少こちらの肩こりを移したって大丈夫だろうと。

とりあえず3/9(土)は16歳の誕生日イベントらしいので来週また行くかな。