読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • - Facebook Page

  • - GOLE1

  • - Google+

  • - My Room

  • - 周辺風景1

  • - 周辺風景2

  • - Highway1

  • - Highway2

  • - Steam

  • - My site

  • - Profile

  • - 周辺風景3

岡山へ行ってきた(鳥取プレイランドサーキット)

岡山での温泉には絶望し、鳥取にある鳥取プレイランドサーキットへ向かうことに。
岡山から鳥取へは本来は遠回りして行かなければならないらしいが、ナビは真っ直ぐ抜けようとしているのでナビの案内にしたがってみる。

途中、またしても大変な山道を通っていく途中に気になるのぼりが。

フォト
やる気地蔵?
ただのお地蔵さんだろうとは思うものの、結構な数ののぼりが立ててある。
どうやら走行ルートの途中にあるらしいのでちょっと寄ってみることに。まあ途中にあるとは言ってもバス停に車を停めてから片道10分ほど歩く必要はあったが。

フォト
やる気地蔵。写真ではわかりにくいが非常に目が恐い。
しかし線香が自由にお使いくださいと置いてあったり、管理もかなりキチンとしていた。とりあえず線香を立ててお参り。

フォト
やる気地蔵についての説明。暑くて読んでいられなかったが…。

フォト
隣にあったミニ地蔵。こちらはやたらとゴージャスな感じ。お供え物も大量。

フォト
ミニ地蔵の隣にもお地蔵さんが二体。しかしこちらはあまりお供え物などが置かれていない。
これが格差社会というやつか――――。

フォト
なんと神社やお寺でもないのにお土産物が売っている。どういう所なんだろう?
とりあえずいくつか買ってみる。

フォト
小吉でした。
おかしいなあ今年の初詣で引いたおみくじでは大吉だったはずだが。

そんな感じでやる気地蔵を後にする。お参りもしたし、ちょっとはやる気がでたかな?


そんなこんなで鳥取プレイランドサーキットに到着。

ここは昔遊園地だったらしいのだが、その遊園地が閉鎖された跡地を利用してカート場にしているらしい。

フォト
昔遊園地のバス停だか案内板であったらしきもの。白く塗りつぶされている。

フォト
サーキット入り口。本当に営業してるのか?という感じ。
周りは見ての通り草が生えまくっている。寒い時期だと朽ちた遊具が見えるらしいのだが。

フォト
とりあえず入り口を進んでいくとカート場に到着。
どちらかというと持ち込みカートがメインらしく、トラックで乗り付けてカートをメンテナンスしている人が何人もいたりする。

フォト
受け付け。
店のおっちゃんと臨時の手伝いの人二人でやっているらしく、常にバタバタしているため対応が非常にそっけない。客の少ないタイミングならそんなことなかったのだろうか。

とりあえずレンタルカートをお願いしてみる。カートはいつも乗ってるbirelの4st。
乗ってみた感じ、直線が伸びないように調整されているような気がする。ストレートでベタ踏みしても一度エンジンの回転が落ちて速度が乗らない。レンタルだとストレートエンドのコーナーで突っ込む人がいるからだろうか。

フォト
コースを覚えている範囲で手書き。一応HPもあるけどコースは乗っていないので。
タイムは内回り33秒48、外回り27秒42。
外回りは速い人で26秒台だそうな。内回りの基準タイムは不明。

道は若干荒れている箇所もあるものの、縁石のゼブラが本物っぽい作りになっていたりしてちょっと嬉しい。
ただ今回走ったときは一人で走れたから良かったものの、人が多いとレンタルカートとレーシングカートが同時にコース内を走行し、内回りと外回りもごっちゃで走るので結構危なそう。
まあ基本的にレーシングカートメインっぽいから良いのだろうか。


それにしても初日の岡山国際サーキットで既に背中を負傷してしまったため、それ以降の温泉も傷に染みるし車を運転していてもシートにもたれかかるのが辛いし鳥取のカートでも傷をさらに酷くしてしまうしで大変だった。次回からは背中を守るものが必要だな。

あと、やっぱりグローブは買ったほうがいいっぽい。鳥取のようにレンタルカートがメインでない所ではグローブが借りられない可能性がありそう。今回はなんとか借りられたからよかったものの…それでもレンタルカートの人数が3人ほどいればグローブがなくなりそうだし。

岡山国際サーキットは今回は下道で行ったために5時間以上かかったけど高速を使えば2時間半程度で行けそうなのでギリギリ通えなくはない範囲だな。鳥取の方は高速を降りてからがかなり遠いために無理っぽいが。

この程度の距離なら日帰りでも行けそうだし、また色々と巡ってみるとしよう。