読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • - Facebook Page

  • - GOLE1

  • - Google+

  • - My Room

  • - 周辺風景1

  • - 周辺風景2

  • - Highway1

  • - Highway2

  • - Steam

  • - My site

  • - Profile

  • - 周辺風景3

こないだアダルトDVDショップで

3Dテレビ、購入しない理由の多くは「メガネ装着」と「価格の高さ」
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1262947&media_id=17

この記事をみて思い出した。
こないだアダルトDVDショップで頑張って良い作品を手に入れようと必死でDVDを探索していたら、店の棚にある液晶テレビで3DのAVを上映していた。

3Dとは言っても記事にあるような3D TVはまだ普及率が低いから、写っていた映像は所謂赤青方式のものだ。女優と男優が激しく頑張っている映像の横には赤と青のセロファンが貼られためがねっぽいダンボール紙が置いてある。

メガネを掛けずに映像を見てみる。視差でずれている部分は赤と青になっているが、重なっている部分は肌色に近い色。少しは考えられているな。
激しく頑張っている女優は特に好みというわけではないが、しかし今この手元にある赤青メガネを装着すれば自分はまるでAVの撮影現場にいるかのような臨場感と抑えきれない興奮を得ることができるに違いない!
高まる期待。そして興奮。このメガネをかけた途端、今まで体験したことのない興奮と衝動にかられるのではないか。そう思ってメガネを装着――――――



目の前に写っていたのは。
赤と青でチラチラして見づらい映像があっただけだった。

そしてその場には赤と青に彩られたハイカラなメガネを掛けた自分が佇んでいるだけだった――――。