読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • - Facebook Page

  • - GOLE1

  • - Google+

  • - My Room

  • - 周辺風景1

  • - 周辺風景2

  • - Highway1

  • - Highway2

  • - Steam

  • - My site

  • - Profile

  • - 周辺風景3

舞洲コース特訓

土曜はひたすら舞洲のレンタルカートを特訓していた。朝の10時から初めて、まさかの夕方5時ごろまで。
舞洲のコースは阪奈とは違い、高低さ無しでかつカーブの多いテクニカルなコース。基本に忠実な運転をしないとタイムアップは望めない。
午前中は雨が降っていたというのもあるけど、初回走行でのタイムは35秒41。そして2回目の走行は35秒03。ちなみにこのコースの月間ランキング1位の人は33秒590。これはちょっと……差が開きすぎ……(´Д`l|l34秒台はすぐに出せると思ったんだけどなあ。

とりあえず当面の目標は舞洲カート場のライセンス1と取ること。
取得条件は10周走行の内、2回以上34秒78より速いタイムを出すこと。
そしてこのライセンスを取得するとbirelでのコース逆走とTIAという普段乗るbirelよりも軽量のカートに乗ることができるようになる。

で、まあ何度も何度も走行していたわけなんだけど……。
全く35秒を切れる気配がない(´Д`l|l

そんななかクイック浜名から遠征に来ていた人があっさりと34秒中頃のタイムを出したり一緒に行った蓮さんがササッとライセンスを獲得していたり。かなり置いていかれた感が。

しかしなんというかこちらのコースは走りにくい。阪奈だと下りでザザーっと滑らせてそのままの勢いで曲がればなんとかなったから、タイムアップはいかにドリフトを無駄なく決めるかにかかっていたわけだけど。だから10周走行する内の1,2回は綺麗に成功し、他は失敗するからタイムが毎回バラバラでこれをいかに成功率を上げるかが平均タイムを上げる必須条件だったのだが。

舞洲は基本的に滑らせると減速するばかりなので勢いで走るばかりでは全体的に遅くなるばかりとなってしまう。もっと走行ラインやブレーキポイントを意識して平均タイムを速くしていく必要がありそう。

で、まあ色々と蓮さんに教えてもらいつつ走行し……最後の最後にようやくライセンスゲットとなりました(ノД`、)時間もかかったけどお金も大量にかかってしまったよ今月はどうやって生きていけばいいんだ。

最終的に出せたタイムは34秒72。ホントのホントにライセンスギリギリのタイムだけど。
なんとか頑張って34秒台前半は出せるように頑張ろう。