読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • - Facebook Page

  • - GOLE1

  • - Google+

  • - My Room

  • - 周辺風景1

  • - 周辺風景2

  • - Highway1

  • - Highway2

  • - Steam

  • - My site

  • - Profile

  • - 周辺風景3

この手の記事って極端すぎるよね

彼女が絶句するプレゼント9パターン
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1034198&media_id=75

まあ全部無茶が書かれているけれども。なんかもう衝撃的な記事にしたい感が前面に押し出されていて、無理やりありえないようなものばかりをランクインさせてみました――――どうです衝撃的でしょう――――という印象しか持てない。

例えば値札を貼ったままのハンカチとか。
いや、「プレゼント用に包装して」って言えば店側で値札を外してくれるから(´Д`;その時点でありえないでしょ

あと「二人の時間」っていうのはシチュエーションにもよると思うし。
遠距離でなかなか会えない場合はアリだろうし、そうでなくても雰囲気重視にするならありだろうし。


とまあ記事には色々と疑問を持つところなんだけど、プレゼントとして本人は大真面目なんだけどもあげるとドン引きというパターンについてちょっと考えてみた。

で、一番最初に思い出したのがお土産品だ。
例えば社員旅行で旅行会社のツアーに連れられて行った場合、どういう癒着なのかは分からないけど帰る前日か当日午前あたりでボロボロのお土産屋に強制的に移動させられることがよくある。

で、これがすごい微妙な店で、なんやよく分からない熊の置物が一万円以上したりする。でもまあそんなものはまだ可愛いほう。一番の問題はガラス工芸品だ。

いや、ちゃんと作られたものなら勿論なんの問題もないんだけど。
こういうボロボロの土産屋にあるのはガラスで作られたネックレスだとか指輪だとか、そういうのが2万円や3万円で売られていたりするのだ。

ガラスのショーケースに並んだガラスのアクセサリー。遠目に見るとそれっぽく見えてしまう。そして本物と比べて随分安い。これを買って帰れば……とみんな思ってしまうんだろうな。真剣に選んでいる人を結構見かけてしまう。でもたぶん、街中でこんなものが売られていたら絶対買わないと思う。

いや、自分では買ったことはないんだけどね。
しかしお土産品はいつも迷いすぎて、迷った挙句に何も買えなかったということが多いな。いつもできるだけ貰った相手が迷惑だと感じるものを買っているつもりなのだが。これがなかなか見つからない…。