読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • - Facebook Page

  • - GOLE1

  • - Google+

  • - My Room

  • - 周辺風景1

  • - 周辺風景2

  • - Highway1

  • - Highway2

  • - Steam

  • - My site

  • - Profile

  • - 周辺風景3

久々にゲーセンでむかついた

最近めっきり格闘ゲームをやらなくなり、ゲーセンに行ってもハメ技やら小パンチ投げ、起き上がり投げに無限コンボ等などにむかつくこともなくなっていたんだけど。

こないだ久々にうーんと思わせる人に出会った。

最近はやるゲームが少なくなったため、大抵はシューティングばかりやっている。怒首領蜂 大復活だ。まあ下手なんだけどね(´Д`;

で、だ。100円を入れていつものようにゲームを始める。あまりの弾の多さにいつも似たようなところでやられてしまう。
ふうやれやれ、今日も5面目をクリアできなかったかと一息つくと、後ろに順番を待つ人が。なので席を立って台を譲る。

その人が座る。100円を入れてゲーム開始。おお結構慣れている様子だ。
だが妙に引っかかる。どうも後ろを気にしているように思われるのだ。
例えばステージ中の隠しボスを出して倒したとき、その面のボスを倒した時など、ほんの少しだけ顔を横に向けて視野のギリギリ隅っこでこっちの視線を伺っている。その顔はまさしく

´,_ゝ`)「ほら見ろ俺の勇姿を!こうやってクリアするんだぜ!」

と言っているようだった。
で、こちらとしてはむかつくので相手がチラ見したり、画面が暗転して後ろの様子が反射して見えるタイミングになる度に目をそらしたり後ろを向いたりという攻防が続いた。

まあ最終的にその人も6面あたりでやられたんだけど(´Д`;いいカッコしすぎなのか、そもそもそんなに上手くなかったのかは不明。
でもその人は満足げに去って行ったな。くやしい…