読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • - Facebook Page

  • - GOLE1

  • - Google+

  • - My Room

  • - 周辺風景1

  • - 周辺風景2

  • - Highway1

  • - Highway2

  • - Steam

  • - My site

  • - Profile

  • - 周辺風景3

鈴鹿ドライビングスクールへ行ってきた

中級スポーティドライビング。今回はなななんと車持ち込みでの受講なのです。
まだMT初心者でギアチェンジの度に車をガクガクさせているような状態なのにスポーティドライビングとは(ノД`、)

ちなみに今回の参加者は12人。車種は
・現行Civic typeR(FD2型) 2台
・最終型INTEGRA typeR(DC5型) 1台
・初代Roadstar(NA型) 1台
・現行Roadstar(NC型) 1台
・現行Roadstar RHT(ハードトップ) NC型 1台
レガシィ(型不明) 2台
・初代マーチ(K10型) Super Turbo 1台
MR2 1台
S2000(型不明) 1台
RX-8 1台


みんな新しい車に乗ってんなあ(゚Д゚)て感じ。
ちなみに「車のパーツを色々変えて改造してます!」って感じの車はRX-8だけでした。こいつだけやたらとマフラーがうるさい(;´Д`)メイワクな話ですわ

で、この12台のうち非常に異色な存在であるK10マーチスーパーターボさん。乗っているのは20台前半だと思われる金のネックレスをしたちょっとやんちゃっぽい兄ちゃん。がしかし当日は終始にこにこと非常に楽しそうだったので普段イカツイかどうかは分からなかった。
練習走行中もクーラーは使用せず、窓を開けて頑張るという気合の入りよう。なんでもクーラーは嫌いなんだとか。
選択車種といい、クーラーを使わないところといい、上下ツナギのいでたちといい( ゚Д゚)。o○(色々こだわりのある人なんだな)と思わせる人でした。がしかしちょっと話した中ではこちらのこだわりはあまり伝わらなかったようで非常に残念(;´Д`)


実際の講習内容としては
パイロンスラローム(上の写真にあるやつ)
・ブレーキチェック
・ヒール&トウ
鈴鹿サーキットをちょっとだけ走行!
というもの。どれもこれもなかなか難しい。

パイロンスラロームはアクセルを一定にしてハンドルだけでスムーズに左右にパイロンをかわすというもの。30km/hならなんとかなってもこれが35km/h、40km/hとなると大変忙しくなる。途中1箇所でもハンドル操作が遅れると、それ以降のパイロン全てハンドル操作が遅れてガタガタになってしまうしこれは難しい。

ブレーキチェックは一定速まで加速し、決められた箇所からブレーキを踏んで教官が立っている位置まで一定の踏力でブレーキをかけて止まるというもの。途中でブレーキを緩めたり強めたりせず一定の力だけで目的位置にピタッと止めないといけないのでこれもなかなか大変。

ヒール&トウ。漫画に良く出てくるやつ。けどMT初心者だしヒール&トウ自体何をどうすれば良いものかもわからなかったために何もわからず。説明もほとんど無いので、なんとなくやったけど結局何もできず。この時点で非常にテンションが下がる。この時間は苦痛でしかなかった。

最後は鈴鹿サーキットを教官の先導車に続いて走行。貴重な体験でした。
テレビで見るよりも意外にコースが広くて驚いたり、高低さが大きくて驚いたり、教官が思ったより飛ばすのでヒーヒー言いながら着いていったり。とはいっても5台並んでの走行だったのでかなりゆっくりだったけどね。

けどもうちょっと自由に走ってみたいなあとは思うねー。教官の話では60分 15000円くらいで練習走行できるとかいう話なのでちょっと調べてみるかなあ。
その前にシフトチェンジの練習が必要だけど(;´Д`)とにかくもっとMT車のシフトチェンジに慣れないことには何もできないなあ。